MENU

M字ハゲとは?M字はげの基準て何?|M字はげの髪様

M字ハゲとは?M字はげの基準て何?|M字はげの髪様

M字はげはAGA(男性型脱毛症)の一種ですが、実はM字はげと診断されるにはしっかりとした基準があります。どのような基準かというと、額の生え際から頭頂線までの距離です。

 

具体的には角額(額の生え際)から頭頂線の前方2cmを超えて後退した場合にM字はげと定義され、この基準は日本国内の男性型脱毛症の診断にも広く導入されています。

 

なので、もし『最近、生え際が後退してきたかも?』と感じた場合には、頭頂線から2cm以内に生え際がきていないかを参考程度に確認してみてください。もし2cm以内であれば、M字はげの可能性が高いので早急にヘアケアを行う事をおすすめします。

 

また、頭頂線と生え際の距離が2cm以上ある場合は現時点ではM字はげではないので安心してください。ただし、今後生え際が後退してこないとも限らないので注意は必要です。

M字ハゲが選択できる3つの改善策

生え際が後退してきてM字ハゲが進行してきてしまっている人には3つの改善策をご紹介します。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるのであなたの状況に合わせて選んでみてください。

 

改善策その1:M字ハゲが目立たない髪形に変える

最も手っ取り早い対策がM字ハゲの目立たない髪形に変えることです。髪形を変えるだけなら今日からできますし、何よりかかる費用は散髪代だけか髪を切らない場合はタダです。

 

人の顔の印象の8割は髪形で決まるといわれるぐらい髪形というのは重要なので、M字ハゲという印象を周りに持たれたくない場合は髪形を変えるのが一番です。

 

因みに、髪形を変えるだけでは根本原因である薄毛の進行は止められないので、次の2つの改善策のどちらかを並行して行う事をおすすめします。

 

改善策その2:AGAクリニックで治療を受ける

最近ではAGA(男性型脱毛症)というのは病院で治る時代というテレビCMが流れるほどAGAクリニックでの薄毛治療がかなり一般化されてきています。

 

AGAクリニックで薄毛の治療をしてもらえば、個人差はあるようですが高確率で薄毛が改善するようです。ただし、AGAクリニックで治療してもらう場合にはやはりそれなりの費用が掛かってしまうというところがデメリットとして挙げられます。

 

又、最近では病院に通わずにスカイプを使用して自宅でAGAの治療を受けることが出来る遠隔治療という便利なサービスもあるのでおすすめです。

 

改善策その3:育毛剤で少しずつ改善させる

M字ハゲを改善する対策として最もポピュラーな対策が育毛剤です。

 

育毛剤であれば誰にもバレずにこっそり薄毛を改善していくことが出来る上に、費用もAGAクリニック程はかからないのでコストパフォーマンスが良いです。

 

ただし、効果の見込みがない育毛剤を選んでしまうとそれこそお金の無駄使いになってしまうので、育毛剤でM字ハゲを改善しようとするのであれば育毛剤選びが肝です。

 

生え際が後退している場合は早めのケアを!

M字ハゲとは?M字はげの基準て何?|M字はげの髪様

生え際を確認して、後退していたあなたは手遅れになる前に出来るだけ早めのヘアケアを行う事をおすすめします。

 

又、今は額が後退していなかったからと言って今後、後退してこないというわけではありません。むしろ、後退していない今だからこそ最善の薄毛対策を行うことが出来ると言えます。

 

そして、薄毛対策アイテムと言えば『スカルプシャンプー』と考える人も中には多いのではないでしょうか?しかし、残念ながら薄毛の改善や予防を目的としてスカルプシャンプーを選ぶのは正しくありません。

 

なぜなら、スカルプシャンプーを使用する目的は頭皮を清潔にすることであり、薄毛の改善や予防が目的なのであれば『育毛剤』を使用する必要があるからです。

 

また、一口に育毛剤と言っても数多くの種類が存在し、中には価格が高いのに効果がないという育毛剤もたくさんあります。

 

そこで、育毛剤を選ぶ上では成分・価格・安心性・・保証制度・信頼性の5点をしっかり比較して自分にあった育毛剤を見つけましょう。もし、どのような育毛剤を選べばいいか分からないという方は『M字はげに効果的な育毛剤ランキング』を参考にしてみてください。